病院で働いてみよう1

皆さんは、病院の中で働くお仕事として「作業療法士」という、専門職がある事はご存知でしたか?作業療法士のお仕事環境は、病院、リハビリセンター、デイサービスセンター、養護学校、保健所、特別養護老人ホームなど、広範囲な職場環境から求められているお仕事です。最近では、作業療法士が、学校や保健所などで、学習環境を整えるような取り組みも行われています。授業内容に遅れている子どもの、学習方法を独自にアドバイスしたり、子どもたちの行動パターンに沿った学習に集中しやすい環境にアイディアを加えたり、作業療法士が様々な環境で、人々の活動を手助けしているようです。

●作業療法士になるモデル
大学・短期大学・専門学校なで、作業療法士養成課程を卒業し、国家試験に合格する必要があります。

【作業療法士のお仕事内容】
入院患者さんなどに、リハビリが必要な時に、日常生活の動作や様々な作業(編み物、調理、絵画、漢字書き取り、ゲーム、陶芸など)をリハビリに取りこむ中で、本来の身体機能へ近づけていく作業方法を考え、指導も含めたサポートを行うお仕事です。作業療法士のお仕事の作業内容は、患者さん1人に携わる医療スタッフがチームとなって、ご家族や患者さんご本人とともに、作業内容や作業方針を決めています。作業療法の取り組みの例としては、トイレに行く、服を着る、調理をする、など、健常者にとっては、出来て当たり前の事柄に関して、根気よくリハビリを行っていかなくてはなりません。患者さんによっては、飽きてしまったり、リハビリを拒むようなケースもあります。様々な状況でも、患者さんの事を思い、患者さんに寄り添いながらケアやサポートを行う、人と人のつながりを強く感じるようなお仕事です。
看護師 求人や作業療法士 求人などの病院のお仕事に興味をもつ人々は、幼少期に、病気や事故で、病院内でお世話になったという人々が、その経験から、看護師 求人や作業療法士 求人などを目指すといった人々が多いようです。作業療法士や看護師さんなどは、ボランティア活動などにも積極的に参加する傾向もあるので、多くの人々と触れ合うキッカケが多い事も要因として考えられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です